Town planning & design

まち地域デザイン

「専門力と創造力」で、まちや地域の困りごとを
解決するDGCの、まち地域デザイン

地方創生や地方再生/地域ブランディング/再開発事業/地方企業・商品のリ・ブランディング。
まちや地域の現場には、「市場やターゲット」、「ビジョンやコンセプト」など幅広い困りごとが顕在化しています。
DGCはそんな困りごとに対し、「不動産・地域分野」を専門に扱ってきた知見と、広告会社ならではの
「アイディア&クリエイティブ」を活かして、課題発見から解決策の実行まで一貫したサポートを提供しています。

観月橋プロジェクト

昭和37年に生まれたUR観月橋団地は、団地再生事業などの過程でそれまで募集停止をしていたこともあり、100戸以上の大量な昭和30年代竣工の賃貸住宅を市場に出すという課題を抱えていた。
この課題解決に向けて、URは民間事業者のノウハウを求めてコンペを実施。DGCはこのコンペに参加し、URのパートナーに選定されリノベーションの設計から募集活動までを担い成功に導いた。
この事業におけるDGCは、
・間取変更や外構計画などの設計業務(協力:株式会社星田逸郎空間都市研究所)
・賃料設定の提案
・募集活動(PR)のプランニングと実行
というトータルソリューションを担当。
なお、このリノベーションプロジェクトは、2012年のグッドデザイン賞「サスティナブルデザイン」賞を受賞した。