HISTORY

沿革

50年を超える経験と知見を、次代へつなぐ。

DGコミュニケーションズは、昭和37年11月に株式会社創芸として創業。不動産広告を中心に50年を超える経験と知見を積んで参りました。平成18年からはデジタルガレージグループとなり、WEBを中心に新しいビジネススキーム開発、WEBプロモーション、メディア開発、Eコマース事業など、幅広く手掛けているビジネスソリューションを応用し、事業の効率化を促進することで新たなシナジーを生み出しています。

  • 昭和37年11月
  • 株式会社 創芸 設立
  • 昭和45年10月
  • 大阪支社 開設
  • 昭和49年6月
  • 仙台支社 開設
  • 昭和49年6月
  • 名古屋支社 開設
  • 昭和50年4月
  • 札幌支社 開設
  • 昭和60年12月
  • 九州支社 開設
  • 平成13年4月
  • 本社事務所を中央区京橋から中央区月島へと移転
  • 平成18年8月
  • 株式会社デジタルガレージと資本業務提携を開始
  • 平成19年4月
  • デジタルガレージと創芸とカカクコムが新築マンションポータルサイト「mansion DB」をオープン
  • 平成20年3月
  • ダイレクトプロモーションツール「Sogei エリアセグメントDM」を開発
  • 平成20年11月
  • 「株式会社DGコミュニケーションズ」へ社名変更
  • 平成22年9月
  • 本社事務所を中央区月島から中央区銀座へと移転
  • 平成26年3月
  • DGコミュニケーションズとベリトランスで不動産向けカード決済サービス「住まペイ」を開発
  • 平成26年11月
  • 海外不動産販売を行うステイジアキャピタル社と資本業務提携
  • 平成27年1月
  • シンガポールに海外事業の統括子会社「DG Communications Asia Pte. Ltd.」を設立
  • 平成27年7月
  • 本社事務所を中央区銀座から港区三田へと移転
  • 平成30年4月
  • 札幌にデジタルマーケティングセンターを設立